曲げ、ねじり、テーパーなどを行うSimple Deform (2.48以降?)

Blender2.48からSimpleDeformという、機能が追加されたので覚書してみたい。

オブジェクトをきれいに曲げたり、ねじったりしたいときに重宝する機能だ。


▲Simple DeformのBend(曲げ)で、円柱を曲げた例

Deformは変形、というような意味で、さらにその中にオプションとしてBend(曲げ)やらTwist(ねじり)やらがあるというわけだ。

とりあえずやり方。

オブジェクトにSimple DeformのBendを適用する

まずは、変形したいオブジェクト(ここでは円柱)を呼び出し選択状態にする。

編集モードをEdit mode, PanelsをEditing(F9を押してもOK)にする。

ModifiersパネルのAdd Modifierをクリック

 

 プルダウンメニューが表示されるので、SimpleDeformを選択

パネルが以下のように変わるので、プルダウンメニューからBendを選択し、Factor の値を変更(値の上で左右ドラッグするか、三角マーククリックで値の増減が可能)

なお、Upper LimitとLower Limitを調整することで変形の適用範囲を変えることが可能だ。

 

オブジェクトがぐにゃりと曲がる、はずなのだが、デフォルトではZ軸が基準になっていて、イメージした方向に曲がらない場合がある。

そのために、上記パネルのObに何かを入力すれば変形の基準軸が変わるようなのだが、何を入力すればいいのやらさっぱりわからない。現時点での私は、イメージ通りの方向に変形できるまでオブジェクト自体を回転させてはSimple Deformを適用しなおす、というどんくさいことをしている。

Z軸が基準ということはこっちに曲がるはずだからー、とかごちゃごちゃ考えるのがめんどくさいので、こういうところはもっとわかりやすくしてほしいものだ。まあ、それはそれとして。

変形を適用(フリーズ)するには、Objectモード(tabキーを押すことで、Edit Mode→Object Modeに変わる)にしてから、Modifiers パネルのApplyをクリックすればOKだ。


▲Object modeでApplyボタンをクリックする


▲オブジェクトが確定(フリーズ)した!

いまいち使いこなせてない気がするけども、とりあえず今日のところはこのへんで覚書を終わる。

タイトルとURLをコピーしました