トップページ> 基本操作 > 基本の基本

マウスカーソルのあるウインドウを単一化/元に戻す

 Blenderをいじっていると、何かのはずみに作業画面の様子がガシャッと切り替わってしまい、どうやって元に戻すかを調べているうちに1時間経過、というようなことがよくある。

 今回のは、そんな危険なオペレーションの一つ。どういうことなのか画像を見てもらおう。

 SHIFT+スペースキーを押すと、マウスカーソルのある位置のウインドウだけが表示される。もう一度押すと元に戻る。


▲なぞのせんべい型形状のところにマウスカーソルを置いて、SHIFT+スペースを押した例

 便利だし、基本操作の一つなんじゃないの?とは思うが、何かのはずみにこれをやってしまった私は、元に戻すためにしばらく作業を中断する羽目になった。

 まあ、Blenderに限らず、ショートカットキーが暴発して元に戻せなくなるというのは初心者にありがちなことだ。

 そんなわけで、次に同じことが起こってもあわてないよう、あわよくば、この便利ショートカットを覚えられるよう祈りながら今回の覚書を終わる。

関連:

次の3Dカーソルの使い方 回転中心を自由に指定へ

ブレンダー初心者に最適な入門本

Blenderの初心者向けチュートリアルなら、今のところこの本が最強です。実は、アニメーションについては、オマケ程度なんですが、解説がとにかくわかりやすい。「次はこのボタンをクリックして!」っていう画像つきなので、イライラせずに操作できます。中級者以上には物足りませんが、操作がよくわかんない初心者は、ひとまずコレをやってみましょう。

~無料でできる3Dアニメーション~ ブレンダーからはじめよう!

Blenderはフリーソフトながら、モデリング、レンダリング、アニメーションほか、高級ソフトなみの高機能を持つ統合3DCGソフトです。
トップページ> 基本操作 > 基本の基本 もくじ