トップページ> シミュレーション > Fluid(液体)

Fluid(液体)シミュレーションをとりあえず試す

 Blenderに搭載されているFluid(液体)シミュレーション機能を、とりあえず動かしてみたい。 


▲ポリゴンが液体のようにざっぱーん

 まあ、原理とかはさっぱりわかっていないのだが、とりあえず動かしてみて体で感じてみようというわけだ。

やり方

 Blenderを起動


▲機動直後の画面

 「Draw type」をWireframeに変更

 この作業は必須というわけではないが、これによって物体が「ワイヤーフレーム表示」となり、後の作業がやりやすくなるのだ。

 マウス中ボタン+ドラッグで、作業しやすい角度に視点変更


▲ワイヤーフレーム表示になっている

 スペースキーを押してメニューを出し、Add→Mesh→Icosphereを選択

 「Add ico Sphere」ウインドウが出てくるので、そのままOKをクリック

 立方体の中にポリゴンの球ができたような状態になる。

 Panelsを「Object」、その右横のアイコンを「Physics Buttons」に切り替える。
 FluidパネルのEnableボタンをクリック

20080527.024.jpg

 Fluidパネルに、ボタンが出現するので、「Fluid」ボタンをクリック

 さらにいろいろボタンが現れるが、とりあえず今回はこのままにしておく。

 立方体を右クリックして選択

 うすい紫色になったら、選択状態になっているということだ。

 Fluidパネルの「Enable」をクリック
 「Domain」をクリック
 「BAKE」をクリック

 これで、液体シミュレーションの計算処理が始まる。

 立方体がガラスの水槽のような役割(Domain)、球が空中に浮かんでいる液体の塊(Fluid)のような感じで、水がばしゃあんとなったような動きが計算されるのだ。少々時間がかかるので、落ち着いて待とう。

 テンキーの0を押して、「レンダリング視点」に変更
 ALT+Aでアニメーション再生

 

 これで、とりあえず液体シミュレーションがプレビューできるのだ。とりあえずこれから、もう少し細かいことを調べて、面白いことをしてみたいと思う。 

関連:


ブレンダー初心者に最適な入門本

Blenderの初心者向けチュートリアルなら、今のところこの本が最強です。実は、アニメーションについては、オマケ程度なんですが、解説がとにかくわかりやすい。「次はこのボタンをクリックして!」っていう画像つきなので、イライラせずに操作できます。中級者以上には物足りませんが、操作がよくわかんない初心者は、ひとまずコレをやってみましょう。

~無料でできる3Dアニメーション~ ブレンダーからはじめよう!

Blenderはフリーソフトながら、モデリング、レンダリング、アニメーションほか、高級ソフトなみの高機能を持つ統合3DCGソフトです。
トップページ> シミュレーション > Fluid(液体) もくじ